妊娠線予防と出来た場合の対策

妊娠線 画像

妊娠線の原因を理解したら、次はどうすれば予防できるか?
ということを知りたいですよね。

 

あわせて、もう出来てしまったという場合にどうすれば
改善できるかも調べてみました。

 

妊娠線がもうすでに出来てしまったという場合、
もう綺麗に消せないんじゃないかと諦め気味の方が
多いようですが、最近では効果的と人気のケア商品なども豊富なので、
諦めるのはまだ早いというわけです。

 

 

妊娠線予防に効果的な方法

 

潤い保湿

妊娠線 画像

 

一番注意したいのが保湿です。

 

お肌が乾燥すると柔軟性や弾力が悪くなり、お腹が大きくなっていく
ことに皮膚が適応できず、妊娠線が出来やすくなってしまうんですね。

 

つまり妊娠初期から保湿ケアをしっかり行うことで、潤いと柔軟性のある
お肌を作ることが予防ポイントなんですね。

 

 

注意しなくてはいけないのは、一般的な保湿クリームを妊娠線予防に
使用するのはあまり効果的ではないということです。

 

一般的な保湿クリームでも、もちろん皮膚表面に潤いを与え保湿は
出来ますが、妊娠線の原因とされる真皮層まで潤い成分が届かない
ことがあるからです。

 

妊娠線予防に使う保湿クリームは、真皮層にまでしっかりと保湿成分を届け、
柔軟性や弾力を与えてくれるなど有効成分が配合されていないと、
あまり効果がないということなんですね。

 

妊娠線クリーム
マタニティクリーム
ストレッチマーククリーム

 

などの妊娠線ケア用商品を使うのが効果的でおすすめです。

 

 

体重管理

妊娠線 画像

 

妊娠中は赤ちゃんの成長と共に体重が増えますが、体重増加が急激
過ぎると妊娠線の原因になってしまいます。

 

体重増加が緩やかでお腹が大きくなるのも緩やかなら、その変化に
皮膚の柔軟性などがついていけますが、急激に変化してしまうと
適応できずに裂けてしまうんです。

 

さらに元々肥満気味の場合も、皮下脂肪が多いことで柔軟性が
なくなり、裂けやすくなってしまうので注意しましょう。

 

 

食事の栄養管理

妊娠線 画像

 

体重管理も重要ですが、食事の栄養管理にも気をつけないと栄養不足
になってしまうので、こちらも注意しましょう。

 

栄養不足になることで、赤ちゃんにも悪影響がありますし肌トラブルも
起こしやすくなってしまいます。

 

ミネラル・ビタミン・タンパク質など栄養バランスよく食べることを
心がけましょう。

 

 

対策方法

 

レーザー治療・手術

 妊娠線 画像

 

美容外科やエステなどでケアできます。

 

レーザー治療の場合、真皮層にあるコラーゲンを補修してくれ、
お肌の収縮作用などを刺激し改善へと導いてくれますが、
完全に消せるわけではなく薄くなる程度ということです。

 

レーザー治療の他には、形成外科で行う皮膚切開手術などで消す方法
もありますが、妊娠線がお腹の広範囲にある場合は治療がむずかしくなる
可能性があります。

 

ちなみに治療費用は、平均数万円〜数十万と言われています。

 

 

妊娠線専用クリーム

 妊娠線 画像

 

妊娠線改善の為には、予防と同じく保湿・皮膚組織の補修が効果的
とされています。

 

真皮層を潤いと柔軟性のある健康な状態に修復し、妊娠線の出来てしまった
皮膚表面の再生を促進することで、新しい綺麗なお肌へ生まれ変わらせる
ことが重要なポイントなんですね。

 

なので、真皮層の奥深くまで有効成分が浸透してくれる妊娠線ケアクリーム・
ストレッチマークケア用クリームの使用が効果的でおすすめです。

 

専用クリームに配合されている、肌のターンオーバーを促進してくれる
成分などが改善にとても有効です。