産後の妊娠線の悩みとは?

妊娠すると、お腹の皮が急激に伸びるため、
亀裂が入り線ができてしまいます。

 

妊娠線クリーム 画像

 

これが、妊娠線なのです。
妊娠線ができるとお腹の痒みが出てきてしまいます。

 

どのような時に、痒みが出てきてしまうのか、
何が原因なのか、調べてみました。

 

 

ホルモンが原因の痒み

 

妊娠線クリーム 画像

 

妊娠をすると、体が著しく変化します。

 

見た目だけではなく、ホルモンバランスも急激に変わります。

 

妊娠をすると、女性ホルモンの分泌が増加する分、
男性ホルモンのバランスが低下して、乾燥しやすくなります。

 

これが原因で、強い痒みに悩むことがあります。

 

これは、妊娠性皮膚掻痒症という可能性があります。

 

発疹が出たり、見た目に大きく現れるものではありませんが、
とにかく、強い痒みが特徴です。

 

妊娠線クリーム 画像

 

掻き毟ってしまうと、色素沈着や二次的な発疹等が、
現れてしまう場合があるので、早めのケアが大切です。

 

この症状は妊娠中期から後期にかけて現れることが多く、
出産後はすぐに痒みがおさまります。

 

なるべく肌の乾燥を避け、クリームなどで保湿することで、
防ぐことが可能です。

 

 

皮膚の断裂による痒み

 

妊娠線というのは、妊娠によってお腹の皮膚が急激に伸びるため、
真皮が断裂してしまい、亀裂が入ってしまうことでできます。

 

この皮膚の断裂が、痒みとなってしまうことがあります。
妊娠線クリーム 画像

 

妊娠線だけではなく、かすり傷なんかでも、
痒くなったりしたことはありませんか?

 

それも、この妊娠線と同じ仕組みなんです。

 

これを防ぐためには、妊娠初期からお肌を柔軟に保つことが大切。

 

保湿性の高いクリームで、皮膚を柔軟に保つことで、
大きくなるお腹にも対応しやすくなり、断裂を防げます。

 

しかし、出産したからといって油断は禁物。

 

出産前は妊娠線ができていなくても、
出産後に、妊娠線ができてしまうこともあるので、
出産後もしばらくは、クリームなどでケアをしておきましょう。

 

妊娠線を防げば、同時に痒みも防げますよ。

 

 

妊娠線ができてしまったら

 

妊娠線は出来てしまうと、一生残ってしまうと言われています。

 

妊娠線ができた時に、かゆみを伴うことが多いので、
その時に掻き毟らない事が大切。

 

掻き毟ってしまうと、お肌に傷や湿疹となってしまったり、妊娠線クリーム 画像
ばい菌が入って、炎症を起こしてしまうこともあります。

 

また、その傷が色素沈着を起こし、黒く残ってしまう事も。

 

通常妊娠線は白く残るため、あまり目立ちませんが、
色素沈着は、残ってしまうと目立ちやすく、綺麗に治すのは大変です。

 

とにかく、妊娠線対策には乾燥を防ぐことが大切。

 

また、出産後も皮膚やホルモンバランスが急激に変化するので、
出産後もしばらくは、保湿をすることが大切です。

 

今は様々な妊娠線対策クリームが販売されているので、
これらを使用してみるといいかと思いますよ。