妊娠線はいつからできるの?

妊娠をして嬉しい気分もしばらく経つと、
心配事が増えてきますよね。
妊娠線クリーム 画像

 

その一つが妊娠線の事だと思います。

 

妊娠線は出来ると痒くなるというし、
痕が残るのも嫌だという方も多いでしょう。

 

妊娠線はいつごろからケアした方がいいのか、
どのくらいの時期からできやすいのか、調べてみました。

 

 

妊娠線はいつからできる?

 

妊娠線は、妊娠したら誰にでもできてしまうことがありますが、
体質などで、全くできない人もいるようです。

 

しかし、お肌が乾燥しやすい方妊娠後期が冬場だという方は
特に乾燥に気をつけたいものですね。

 

妊娠線の主な原因は乾燥だと言われています。
妊娠線クリーム 画像

 

乾燥によって、皮膚が柔軟性を失い、
大きくなるお腹に対応しきれず、断裂してしまうんです。

 

それが、妊娠線として表面に現れるんですね。

 

これはとても厄介で、完全に治すことは難しいので、
綺麗なお肌を保ちたいと考える方は、しっかりケアしましょう。

 

妊娠線は約80%の人は妊娠後期に、約18%の人が妊娠中期に、
約2%の人が妊娠初期にできたという調査結果があります。

 

妊娠初期にもできてしまうことがあるという事なので、
早めにケアすることが、大切ですね。

 

 

妊娠線予防のために

 

妊娠線のできる主な原因は、乾燥です。

 

乾燥しやすい方はもちろんですが、そうでない方も、
妊娠中は身体の変化が著しく、ホルモンバランスも変化します。

 

ホルモンバランスの変化によって、乾燥しやすくもなっているので、
妊娠中は、どんな方でも、乾燥対策をしておきましょう。
妊娠線クリーム 画像
妊娠線は、妊娠初期でもできてしまうことがあるので、
早めのケアが大切です。

 

保湿効果の高い、クリームなどをお腹に塗ってケアしましょう。

 

気になる方は、バストやお尻、太ももなども、妊娠線が
できやすいところですので、一緒にケアするのもいいですね。

 

妊娠初期は、安定もしていませんし、ニオイに敏感な方も多いので、
無香料のクリームなどを選んで、優しくケアしてくださいね。

 

 

妊娠線対策のおすすめケア

 

妊娠線対策に、おすすめなのは、やっぱり専用クリーム。

 

保湿効果の高い成分を配合していて、
ニオイを抑えている製品も多いですよ。
妊娠線クリーム 画像
また、オーガニックにこだわった商品も多く、
オーガニックオイルなどが入っていると、
成分が浸透しやすく、また肌馴染みもいいですよ。

 

夏場は特にべたつきが気になることが多いので、
オイルの入ったものがお勧めです。

 

価格帯も1,000円台から販売されているので、
長期間のケアでも、そこまでお金はかかりませんし、
綺麗なお肌を保てるというのが、一番ですよね。