@妊娠線の原因は?出来てしまうのは仕方ない?

妊娠線 画像

女性で妊娠・出産を経験した方なら、悩んだことのない方はいない
といえるほど、妊娠中に一番多いお悩みである「妊娠線」

 

妊娠線のできやすい体質だから仕方ない
出来てしまった場合、もう消すことができない
いくらケアして気をつけても出来てしまう場合がある

 

など、マイナスイメージが先行してしまうことが多いですが、
本当にそのイメージはあっているのでしょうか?

 

 

妊娠中に気にしながら、でも意外とそのメカニズムを知らない妊娠線。
本当に防げないの?消せないの?と言った事を知らない方が多いみたいですね。

 

そこで、妊娠線が出来てしまう原因・メカニズムを調べてみました。

 

 

妊娠線とはどういうもの?

 

状態

妊娠線 画像

 

妊娠しお腹が大きく膨らむことで、皮膚内部が膨張し裂ける事により、
みみず腫れに似た白っぽい線がお腹の表皮に出てきます。

 

出来たばかりの頃は、赤紫色をした線でとても目立ってしまいますが、
時間の経過と共に白っぽく変化したり、白銀色に変化したり、
少しずつ目立たなくなっていきます。

 

怪我をしたわけではありませんが傷跡のようになり、一度出来てしまうと
消えづらくそれから一生残ってしまう方も多いようです。

 

痛みを感じることはないですが、皮膚が乾燥することで妊娠性掻疹
へ悪化し、かゆみを伴う場合もあるそうです。

 

妊娠中はホルモンバランスが乱れやすくお肌もデリケートで、
悪化したり炎症を起こす場合も多いので、かゆみを感じたら保湿をし、
我慢できないほど酷い場合は産婦人科を受診しましょう。

 

 

妊娠線が現れる部分

 妊娠線 画像

 

妊娠中に出きるということで、赤ちゃんの成長と一緒にだんだん
大きくなっていくお腹のイメージが一番強いですが、他にも太もも・
胸・お尻など他より脂肪が多くついている部分にもできることがあります。

 

できやすい部分の皮膚表面は、他に比べ柔らかく伸びやすいですが、
その柔軟性以上に内部の真皮層にまで負担がかかってしまうことが
原因のひとつです。

 

 

出来やすい時期

妊娠線 画像

 

一番多いのは、お腹が急激に大きくなる妊娠6カ月を過ぎた頃
妊娠前の体型から大きく変わり始める頃です。

 

しかし、早い方の場合は4カ月頃から出来始める場合もありますし、
全然出来なかったのに臨月に急に出来る場合もありますので
最後まで油断できません。

 

 

妊娠線の原因

 妊娠線 画像

 

妊娠線が出来ない方・出来てしまう方には、なにか大きな違いが
あるんでしょうか?
その原因と考えられるポイントを調べてみました。

 

 

老化と乾燥

お肌・皮膚内部が乾燥し潤いが少ないと、その部分に元からあった
柔軟性や弾力がなくなり、亀裂が出来やすくなり妊娠線が出来やすくなります。
乾燥の他にも加齢・日焼けでお肌の老化が進んでいる場合も、乾燥と
同じような悪影響が起こりやすいんですね。

 

悪阻などで起こる栄養不足

妊娠中は悪阻などで食事バランスが悪くなり、ビタミン・油分が
体に不足してしまうとお肌の調子も悪くなります。

 

体系が小柄で骨盤が小さめ

小柄で骨盤が小さめだと前にお腹が出やすくなり、その分通常より
大きく皮膚が伸びてしまうことになります。

 

肥満

通常に比べ皮下脂肪が多いと、皮下組織に柔軟性や弾力がなくなり
伸びずらくなり亀裂が入りやすくなってしまいます。

 

経産婦か多胎妊娠

経産婦だと初産婦に比べ子宮が大きくなりやすく、多胎妊娠で双子などを
妊娠した場合はお腹がさらに大きくなるので、その変化にお腹の皮膚が
対応出来ずに妊娠線となってしまう可能性があります。

 

 

これらが当てはまると必ず妊娠線ができてしまう・・・というわけでは
ありませんし、もちろん当てはまらない場合でも妊娠線が出来てしまう
可能性は十分にあります。

 

なので、妊娠した場合にはしっかりお肌の保湿や急な体重増加を
予防するなど、出来てしまう前から妊娠線予防のケアをしておくことが大切です。