効果的でおすすめな妊娠線予防クリームの使い方は?

妊娠線クリーム 画像

妊娠線を予防・改善する為のクリームには、
配合成分や使い方が違う商品が多いので、
「これが効果的な使い方!」
というのもひとつではないんですね。

 

ただ基本的な使い方・誤った使い方・
効果的な使い方など、全てのクリームに共通する
ポイントもありますので、その共通点を調べてみました。

 

 

使用目安量

 妊娠線クリーム 画像

 

クリームの使用目安量は、その商品により違いが出てきますが
どの商品の場合でも十分な量を使用し、しっかりとお肌の乾燥を
予防することが重要です。

 

もったいないからと少しの量で予防ケアしようとした場合、
いくら慎重にケアしてもムラが発生しやすく、塗り忘れてしまう部分なども
できやすいのでおすすめできません。

 

できてしまった妊娠線の改善をしたい場合、皮膚内部の奥深くまで
有効成分をしっかり浸透させなくてはいけませんので、十分な量を
使い塗り込むことで奥深くまでしっかり浸透させるよう心がけましょう。

 

 

使用頻度・回数

 妊娠線クリーム 画像

 

使用目安量と同じく商品により違う場合が多いですが、
基本的に朝晩の1日2回が多いと思います。

 

妊娠線ケアを効果的に行うポイントで一番重要なのは、
お肌を乾燥させないことです。なので、肌バリアが低下するお風呂上り、
翌朝起きた時にもお肌にしっかり保湿成分と保水成分を浸透させましょう。

 

乾燥しやすい方・妊娠線がクッキリ目立ってしまっている場合など、
あなたのお肌の状態を見て頻度・回数を増やすのも有効です。

 

特に改善より予防の場合は、こまめにケアすることがとても重要です。

 

 

使用時期

 

妊娠線予防への使用

 妊娠線クリーム 画像

 

大体の方が悪阻が落ち着きお腹の大きくなり始める妊娠6カ月頃に、
妊娠線予防を意識し始めるようです。

 

実際に妊娠線が出来始めるのは妊娠後期の場合が多いので、この時期に
予防ケアするのも遅くないと考えられるかもしれません。

 

しかし、妊娠線のメカニズムを考慮してみると、お腹が大きくなる前から、
常にお肌に潤い・弾力・柔軟性などがある状態を保つことが必要というのが
わかると思います。

 

 

また、中には体質などが原因で妊娠線が妊娠初期から現れてしまう
可能性もあるということなので、早め早めのケアが大切です。

 

出産後も気が抜けません。
産後はホルモンバランスが崩れやすいので、1年程度はケアを続ける
のが良いでしょう。

 

 

出来てしまった妊娠線ケアへの使用

 妊娠線クリーム 画像

 

こちらも早め早めにケアすることが大切になります。
時間が経過すると共に消えにくくなってしまう上に、お肌の老化などまで
重なり代謝が遅くなることで、自然治癒は難しくなっていきます

 

妊娠線ケアのクリームを使い始めたばかりの頃は、その効果をあまり
実感することはないかもしれませんが、内側からしっかり補修する為には
長い時間が必要となるのでじっくり構えましょう。

 

すぐ諦めずにじっくり時間をかけて、毎日のケアを続けていきましょう。

 

 

効果的な使い方

妊娠線クリーム 画像

 

妊娠線の出来やすい胸・お腹・お尻・太ももなど、体の
どの気になる部分に使う場合でも、基本的にクリームは体の中心から外に向かって
しっかり塗り広げます。

 

 

お腹のケア

@体の中心となるおへその周り一定方向に丸をぐるっと描くように、
ゆっくり優しく塗り広げていきましょう。

 

A次ぎに下腹部から上の方へ優しく手の平で塗り広げます。

 

お腹が大きくなると下腹部が見づらくなることでケアがおろそかになり、
妊娠線が出来やすくなるので注意しましょう。
お腹全体にしっかりクリームを塗り浸透させるのが大切です。

 

B最後に体の中心であるおへそから、体の外側である脇の方に
手の平で優しく塗り広げ完了です。

 

妊娠している場合のお腹のケアは、優しく行っていたとしてもお腹の張りを
引き起こしてしまう可能性があります。なので、入念なマッサージなどはせずに、
できるだけ表面を優しく滑らせる感じで塗り広げましょう。ケア中に
お腹の張りや収縮などの違和感を感じたら、そこですぐに中断しましょう。

 

 

今回ここで説明したのは、妊娠線予防クリームの基本的な使い方や注意です。

 

実際にケアを行う場合は、必ず使用前にその使用商品の説明書を確認し、
間違いのないよう注意して使用しましょう。

効果的でおすすめな妊娠線予防クリームの使い方は?記事一覧