妊娠線予防クリームに配合されている主成分と効果

妊娠線クリーム 画像

妊娠・出産を経験した女性の多くが悩む妊娠線ですが、
それを予防・改善できるケアクリームと一般的な
保湿クリームにはどんな違いがあるか知っていますか?

 

妊娠線用クリームというのは、お肌の表面だけを
保湿するのではなくお肌の奥深くまで浸透し保湿してくれます。
そうして柔軟性と弾力をアップさせることで
妊娠線の予防と改善ができるんですね。

 

さらに、お肌の細胞を活性化することでターンオーバーを促進し、
すでに現れてしまった妊娠線について、薄く目立たなくしてくれる成分なども
配合されている商品の場合は、予防だけでなく出来てしまった
妊娠線の改善にも有効です。

 

 

そこで、主に配合されている成分と効果について調べてみましたので、
選ぶ時の参考にして頂けたらと思います。

 

 

保湿効果のある成分

 

ヒアルロン酸

 妊娠線クリーム 画像
保湿効果がある成分として、とても有名な成分ですね。

 

お肌の細胞間に潤いを留め、弾力をアップしてくれます。
クッション性を高めてくれることで、外側からの刺激やダメージから
お肌を守ってくれます。

 

コラーゲン

 妊娠線クリーム 画像
こちらもお肌に潤いとハリを与え、若々しくしてくれる成分です。
不足してしまうことで、たるみ・シワなどの老化現象、皮膚内部の
ダメージを引き起こす可能性があります。

 

シアバター

 妊娠線クリーム 画像
自然由来の植物から抽出される天然油脂で、古くから効果的な
保湿クリームとして使用されてきました。
外部刺激からお肌を守ってくれ、再生力にもとても優れています。

 

セラミド

 妊娠線クリーム 画像
高い保湿力と保水力があり、お肌の水分の蒸発を防いで潤いを
持続してくれる働きがあります。
人間の体に元からある成分なので、低刺激で安心です。

 

 

さらに、上記の成分の浸透力をアップさせたもの、効果をアップさせたもの
も配合されている場合があります。

 

これらはスーパーヒアルロン酸・ダブルコラーゲンなどという名称で
紹介されていますので、購入時に注目してみてはいかがでしょうか。

 

 

皮膚の再生・細胞活性などの効果のある美肌成分

 

葉酸

 妊娠線クリーム 画像
こちらは妊娠中・授乳中の女性に、摂取を推奨されている成分としても
知られていますね。

 

多くの場合はサプリメントでの体内への摂取が多いと思いますが、
クリームなどに配合されお肌に使用する場合は、お肌のターンオーバーを
促進してくれ、皮膚状態を健康的に保ってくれます。

 

ビタミンC誘導体

 妊娠線クリーム 画像
コラーゲン生成・補修に効果がある成分です。
美白作用がある事で知られていますが、医療の分野では傷跡・火傷痕
の治療に使われることのある有効成分です。

 

プラセンタ

 妊娠線クリーム 画像
ホルモンバランスの乱れを整え、新陳代謝の活性化、など、
妊娠中で乱れがちな肌を整えてくれる効果が期待出来ます。

 

ヒトオリゴペプチド-1

 妊娠線クリーム 画像
皮膚生成に欠かせないたんぱく質の一種の成分で、お肌のターンオーバーを
促進してくれます。元々はノーベル賞を受賞したほどの希少成分でした。

 

しかし、近年になり大量生産ができるようになったので、様々な
基礎化粧品にも配合されています。

 

アルガンオイル

 妊娠線クリーム 画像
注目度の高い貴重な美容成分で、優れた抗酸化作用があり、皮膚を
伸びやすくやわらかくしてくれます。

 

この作用のおかげで、妊娠線・シワの予防や改善どちらにも効果が
期待できます。

 

スクワラン

 妊娠線クリーム 画像
新陳代謝を促進し、健康的な柔軟性のあるお肌にしてくれます。
さらに、粒子が細かく高い浸透力がある成分なので、他の有効成分も
まとめて皮膚内部まで一緒に浸透させてくれる作用があります。

 

 

その他の成分

 

傷痕などの回復に高い効果のあるアラントイン
妊娠中の体の冷えを改善してくれるダーマクロレラ
お肌のかゆみを改善してくれるヨモギなど自然由来の植物エキス

 

これらの他にも様々な有効成分が、商品の特徴に合わせバランスよく
配合されています。

 

 

妊娠線に効果的とされるクリームには、様々な効果が期待できる
有効成分がバランスよく配合されています。

 

あなたの症状・体質・肌質にピッタリ合った成分のクリームを探して、
お試しして見てください。